月別アーカイブ: 2016年8月

女性 体臭 改善

20代や30代の女性は、自分は加齢臭とは無関係と思っている人も多いと思います。
でも加齢臭は女性にもあることなので、早めに対策をとっておきたいところですね。
女性特有の加齢臭は男性のものとは少し違いますが、人によっては臭いと感じることもあるので、職場などでイヤな顔をされないよう注意しましょう。
ホルモンバランスも関係していますが、胸や背中などもニオイを発する原因になるのでニオイケアは大切です。
ボディーソープできちんと体を洗っていても、日中汗をかくことで汗が空気に触れ臭いを発します。
有効成分イソプロピルメチルフェノールが、わきがや汗臭の原因菌を根本から予防します。
臭いの原因を根本から予防できれば、加齢臭を気にせず快適に過ごせます。
・柿渋エキス
外側から97.7%ニオイをカット
・有効成分イソプロピルメチルフェノール
独自テクノロジーでデオドラント成分を微細化し、内側から分子レベルで元からシャットアウト
・7種類の天然植物エキス
シナノキ、オワバク、カミモラ、ヤグルマギク、ローマカミツレ、トウキンセンカ、オトギリソウの天然植物エキスと独自製法で余分な皮脂・汗・垢をおさえサラサラに
女性の体臭改善にも役立ちますね。

宿便臭い

排便を促すのに白湯やお茶を飲むのもひとつの方法ですが、宿便の場合は自力で排泄させるのが難しいので便秘の人は宿便を出すにはどうしたらいいか考えてみましょう。
排便の度に苦しい思いをするので、寒気がすることもあります。
便秘は治療も可能ですし、病院で宿便取りもできますが、恥ずかしさからなかなか受診できないものです。
画期的な宿便解消法として注目されています。
おなか端麗の3つのポイント
1.痛みがないから続けやすい
強制排泄ではなく、天然食物繊維含有率90%以上の、プランタゴオバタが自然で痛みのない排泄を促す
2.食物繊維が胃の中で38倍に膨らみ、腸内でカロリー吸収を抑えるのでコレステロールコントロールやダイエット効果も期待できる
3.ダブル食物繊維(水溶性+不溶性)と、コエンザイムQ10+パントテン酸カルシウムが腸内のエイジングケアをしてくれる
今まで下剤を飲んでいたという人も、痛身がないのは嬉しいですね。
成分も天然由来のものですし、厚生労働省も認可しているので安心して毎日の生活に取り入れることができます。

首 吹き出物

ニキビといえば顔にできるものというイメージですが、鼻、おでこ、ほっぺや頬以外にも、首などに出来るニキビや吹き出物もあります。
ニキビも吹き出物も原因はほとんど同じですが、間違ったスキンケアを続けていてはニキビの治療をしてもあまり効果は実感できません。
芯を出すと治りが早いと言いますが、これは皮膚科医が専門の道具を使って行うものなので自分で無理につぶすとニキビ痕になってしまうので注意しましょう。
おすすめは、ニキビ専用のスキンケアです。
『ニキビの原因となる間違ったスキンケア』
・脱脂力の強い洗顔料やクレンジングの使用
・オイルフリーの化粧水で保湿をしない
・洗顔の回数が多い
・やさしく洗いすぎて皮脂汚れを落とせていない
・洗髪後のすすぎ不十分
『今日からできる4つのニキビケア方法』
・皮脂を取りすぎない洗顔
・マイルドなケミカルピーリングで角質ケアを
・ビタミンC誘導体でニキビをできにくくする
・保湿を念入りに
間違ったスキンケアを見直し、正しいスキンケアを試してみましょう。
たっぷり2週間分を1,390円というお手頃価格で体験できます。

黒酢 妊娠中

黒酢には豊富なアミノ酸が含まれているので、健康や美容にも役立つものとして毎日の生活に取り入れる人が増えています。
妊娠中や授乳中にも栄養価の高い黒酢を飲むことがありますが、そのままでは飲みにくいのも黒酢の特徴です。
・黒酢授乳期でも大丈夫?
・黒酢は妊婦も大丈夫?
このように思うこともありますが、黒ずには「妊娠中および授乳中の人は医師に相談すること」という注意書きがありますので念のため相談して決めるのがいいでしょう。
日常生活での動きでも体内のアミノ酸を消費するので、エネルギーに変わるアミノ酸は欠かせない存在ですが、エネルギー源を作るのも黒酢の効果です。
・黒酢はいつ飲むのが効果的?
これについては、サプリメントは自分の体調やリズムに合わせて自由に取り入れることができます。
寝る前、朝などいろいろ試してみて、自分にとって一番いいと思えるタイミングを見つけていきましょう。
通常タイプと小粒タイプの2種類を用意していますが、どちらも1袋1,680円/定期購入で1,512円/3ヶ月に3袋なら1,411円となっています。
・通常タイプ1日2粒~3粒
・小粒タイプ1日3粒~4粒